INTERVIEW

Nakayama Yoko

就職先としてブライダル業界を選んだ理由を教えてください。

高校時代、自分が将来、何になりたいのかがよく分からず、どんな職業があるのか、いろいろと調べていた時に、ブライダルの仕事を見つけ、興味を持ったのが最初です。卒業後、一度はOLの職に就きましたが、やはりこの業界への夢が捨てきれず、夜間の教室に通って勉強。人が喜ぶ、幸せになるお手伝いがしたい ! と言う思いで転職し、ウエディング・プランナーになりました。

普段の主な仕事内容を教えてください。

新規で式場見学にいらっしゃったお客さまの案内業務が主な仕事です。成約後は、挙式・披露宴の演出や進行など、お二人のご要望をより詳しく伺いながら、最善のプランを提案。理想の結婚式が実現できるよう全力でサポートしています。また、オーシャンプレイスのレストランに応援スタッフとして入り、お客さまのワイン選びを手伝うなど、サービスの現場でも経験を積んでいます。

入社前と後の印象について教えてください。

入社前の想像をはるかに超えて印象に残ったことは、ひとつの結婚式にものすごい数のスタッフが関わっていると言う点です。司会者やホール係、料理人、カメラマン、美容スタッフなど、表舞台に登場する人、裏舞台で支える人、全員が新郎新婦のために、一丸となって同じゴールを目指し、懸命にサポートしていく。そのことにすごく感動し、プランナーになって本当に良かったなと思いました。

会社の魅力はココ !

会社全体が家族的と言うか、とてもアットホームな雰囲気です。上層部の方々もみなさん、すごくフレンドリーで風通しが良く、勤務年数に関わらず、どんな人の意見でもちゃんと聞いて、良ければ取り入れてくださるので、会社をもっと良くしたい ! などの思いにあふれる意欲的な新入社員も、手応えを感じやすい環境だと思います。

今後の目標を教えてください。

式場や設備、ロケーション、スタッフなど、会社がお客さまに提供できるものはどれも十分すぎるほどの魅力を備えています。それでも成約に至らないと言うことは、私自身がまだまだ力不足で、お客さまに魅力を完全には伝えきれていない証拠なので、今まで以上に幅広く情報のアンテナを立て、いろんな知識を身につけて、どんな人にも対応できるプランナーを目指していきたいと思います。

Message未来の後輩へメッセージ

結婚式は一生に一度の節目を祝う特別なものだけにお客さまの思い入れも強く、細心の注意を払い誠心誠意尽くしているつもりでも、ちょっとした行き違いや言葉遣いで相手を傷つけ、厳しいお叱りの言葉を受けるケースも出てきます。そんな時もへこたれず、お客さまの意見として素直に聞き入れ、引きずることなく気持ちを切り替えて前を向けるメンタルの強さが不可欠です。おかげで、仕事以外でも自然と気遣いができるようになり、人間力は確実にアップします。困難の先には喜びが待っているので、ぜひ頑張ってください。